最近の歯科でできる歯の病気予防って?

口臭の治療

自分の口の中の臭いが気になると言う人もいるのではないでしょうか?
口臭ですが原因として、大きく2つのことが考えられます。
まずは、口呼吸をすることによって乾燥してしまうことが挙げられます。
口の中で臭いが発生してしまうのは、細菌がたんぱく質を分解することだと言われています。
通常は唾液によって洗い流すような形になりますので、口臭が発生することはありません。
ところが口呼吸をすると唾液が蒸発してしまいます。
口呼吸になってしまうのは大きく分けて2つの原因があると言われています。
それは口の筋力が弱くなってしまうことが一つ、そしてもう一つは歯のかみ合わせが悪くなってしまっていることが原因と言われています。
もし前者であれば、口の筋肉をトレーニングすることで対処します。
後者の場合には、かみ合わせの矯正を歯科などで行っていく必要が出てきます。
そして口臭の原因としてもう一つ考えられるのは、いわゆる歯周病が原因となっているものです。
歯周病になって、歯周病菌が発生してしまうと血液や海などが発生することで、口臭が起こりやすくなると言われています。
もし歯周病にかかって口臭を発生している場合には、歯科に行って歯周病の治療を行う必要があります。
まず歯周病菌が発生してしまうのは、歯垢や歯石と言った歯の汚れと言われています。
これを徹底的に取り除くことによって、歯周病菌が繁殖しないような土壌を作っていきます。
また歯科に行くと、歯周病菌をほぼ完全に殺菌できるような殺菌水を用意している所もあります。
この殺菌水を与えることで、歯周病菌をなくして、口臭対策をすることになります。
しかし歯周病と言うのは、日常生活の問題が原因となっている可能性もあります。
そこで、日常生活の見直しをすることが重要になってきます。
歯周病菌が繁殖するのは、歯垢と言ういわゆる食べかすが残ることによって発生しています。
通常食べカスは、きちんと歯磨きをすることによって、かなり取り除くことができます。
そこで少なくても1日1回、できれば食事後にはきちんと歯磨きをして歯垢を取り除くと言うことをしないといけません。
また歯磨きの仕方が正しくないと、せっかく歯磨きをしてもその効果は半減してしまいます。
そこで正しい歯磨きの仕方をマスターする必要があります。
歯磨きの仕方についても、歯科で指導を受けることができます。
ここで正しい歯磨きの方法をしっかりとレクチャーしてもらうようにしましょう。

Copyright (C)2014 最近の歯科でできる歯の病気予防って? All Rights Reserved.